お役立ち情報
column

Column
お役立ち情報

事業内容についてのお問い合わせや、お仕事のご依頼、その他弊社ホームページでご不明な点などがございましたら、下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

  • 2021.06.15

    COLUMN

外国人人材を採用するための予備知識
人手不足を解消できる外国人の直接雇用と実習生との違いについて

本記事では「外国人人材を採用するにあたっての事前準備がわからない」という悩みを解決する記事です。

外国人人材の採用前に必要な予備知識、採用前にやっておくべきことを詳しく解説しています。
最後まで読めば、安心して外国人人材と雇用契約が結べるでしょう。

外国人人材の採用前に必要な3つの予備知識

まずは、外国人人材の採用前に必要な予備知識を解説します。
採用をスムーズに進めるためにも、事前に確認しておきましょう。

雇用までの流れ

雇用までの流れを事前に把握しておきましょう。
なぜなら外国人人材の雇用方法は、日本人の雇用と大きく異なるからです。

例えば、雇用する際には在留資格就労ビザなどが必要になります。
そのほかにも行うべき手続きがいくつかあり、日本人の雇用より複雑です。

外国人人材の採用をスムーズに行うためにも、雇用までの流れを知っておきましょう。

在留資格の理解

外国人人材を採用する上では、在留資格の理解が必要です。
在留資格を適切に理解していないと雇用契約を結ぶことはできません。

「外国人人材が合法的に就労できるのか」「現在日本に住んでいるのか」などを在留資格で確認します。
在留資格のチェックミスは雇用契約が無効になるだけでなく、最悪の場合「不法就労助長罪」という罪を課せられてしまうのです。

せっかく良い人材が見つかっても雇用契約に至らず、1からやり直しになりかねません。
採用前には在留資格を十分に理解しておきましょう。

価値観の違い

外国人人材と日本人では、価値観が大きく違います。
今まで働いてきた環境やルールが異なるからです。

例えば、日本人一人あたりの平均労働時間は他の国に比べて長いことが厚生労働省のデータからわかっています。
長時間労働を普通とする日本人とその考えを持たない外国人人材では、仕事への価値観が大きく異なるのです。

それゆえに、価値観の違いからトラブルになるケースも少なくありません。
事前に価値観の違いを理解しておき、お互いの納得できる方針を考えておきましょう。

外国人人材の採用前にやっておくべき2つのこと

外国人人材の採用
外国人人材の採用

続いて、外国人人材の採用前にやっておくべきことをお話します。
外国人人材を受け入れる準備を整え、不安をできる限り減らしましょう。

マニュアルを作成する

外国人人材が理解できるマニュアルを作成しておきましょう。
マニュアルを用意しておけば、お互いに仕事を進めやすくなります。

外国人人材は今までと仕事のやり方が違うため、どのように仕事をすれば良いのか非常に戸惑うはずです。
さらに、教える側も価値観や言語の違いから不安になるでしょう。

そのため、マニュアルを事前に作ることで仕事に対する戸惑いを解消できるのです。

社内環境を整える

お互いとってより良い職場にするためにも、社内環境を整えましょう。

前項でお話したように、外国人人材は価値観が日本人と異なります。
その事実を社内全体に周知し、方針を固める必要があるのです。

社内環境を整えればお互いに仕事がやりやすくなり、結果として企業の拡大につながるでしょう。

外国人人材の採用後は就労ビザを申請する

最後に、就労ビザについて見ていきましょう。

この就労ビザは、外国人人材を雇用する上で非常に重要となります。
企業は、就労ビザを発行しないと外国人人材を雇用できないからです。

就労ビザの申請方法は、すでに日本に住んでいる外国人とそうでない場合で異なります。
また、在留カードやパスポート・就労資格証明書・資格外活動許可書といった、就労可能な証明資格がいくつか必要です。

さらに、就労ビザの審査には2週間〜1ヶ月程度かかり、この審査を通過して初めて外国人人材の雇用が可能となります。
就労ビザは採用後でないと申請できないため注意しましょう。

外国人人材と雇用契約を結べばメリットがたくさんある

本記事では、外国人人材の採用前に必要な事前知識、やっておくべきことを解説しました。

外国人人材と雇用契約を結べばメリットがたくさんあります。
しかし、雇用する側が仕事をしやすい環境を自ら作らなければ、外国人人材は早々に去ってしまうでしょう。

外国人人材の雇用を安心して行うためにも、ぜひ本記事を参考にしてみてください。
採用前にやるべきことが明確になるはずです。

外国人採用をご検討の方はぜひホンダバックにご相談ください。

若くて優秀な人材をご紹介させていただきます。

 

記事を読まれた方へおすすめの関連記事

外国人人材を採用するための予備知識の記事はいかがでしょうか。

この記事を読まれた方には、こちらもおすすめです。

勤勉で熱心!親日感情も高いベトナム人採用のメリットとは?

日本における外国人労働者の約25%をベトナム人労働者が占めるとされていますが、ここではベトナム人労働者を採用するメリットについて解説しています。

ぜひこちらも合わせてご覧くださいませ。