お役立ち情報
column

Column
お役立ち情報

事業内容についてのお問い合わせや、お仕事のご依頼、その他弊社ホームページでご不明な点などがございましたら、下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

  • 2021.10.05

    COLUMN

勤勉で熱心!親日感情も高いベトナム人採用のメリットとは?
勤勉で熱心!親日感情も高いベトナム人採用

近年、外国人労働者を積極的に雇用する企業が増えていますが、その中でも注目を集めているのがベトナム人労働者です。

現在、日本における外国人労働者の約25%をベトナム人労働者が占めるとされていますが、ここではベトナム人労働者を採用するメリットについて解説していきます。

 

ベトナム人は勤勉で勉強熱心な人が多い

 

ベトナムは、南北に長く伸びる地形であるため、北部と南部とでは気候が異なるとともに、国民性にも違いが見られます。ハノイなどのベトナム北部の方は、南部に比べて資源が貧しく質素な生活が求められたことからか、忍耐力を持った方が多いとともに、内向的な性格の方が多い傾向があります。そのため、勤勉で真面目な方が多く黙々と仕事をこなしてくれるので、デスクワークやコツコツと作業を行う業務に最適な人材と言えるでしょう。

一方のホーチミンを中心としたベトナム南部の方は、温暖な気候の影響からか、大らかで気さくな方が多い傾向があります。人懐っこく、積極的にコミュニケーションを取ろうとする方が多いので、接客業など人と接する機会が多い仕事で力を発揮してくれるでしょう。

また、北部・南部を問わず、ベトナム人全体の気質として他者を助ける意識が強いという特徴もあります。このような、勤勉で真面目・高いコミュニケーション能力・他者を助ける意識の強さといったベトナム人の気質は、日本人と相性が良いため、ベトナム人労働者はスムーズに職場に馴染んでくれるはずです。

加えて、日本人と同様に確実に業務をこなしてくれるという方が多いので、積極的にベトナム人労働者を雇用する企業が増えているのです。なお、ベトナム人は日本人が嫌がるような重労働の仕事も積極的に取り組む方が多いとも言われていますが、近年の高学歴化に伴って徐々に重労働は好まれなくなっているようです。

 

ベトナムは親日国家で教育水準も高い

ベトナムは教育水準が高い ベトナムは教育水準が高い

 

親日国家であることや教育水準の高さも、ベトナム人労働者を雇用するメリットです。ベトナム国内では、主要な移動手段であるオートバイを中心に日本製品が普及しています。日本製品は、海外製品と比べて故障が少なく安定して稼働し続けるため、日本企業に対するベトナム人のイメージは非常に良く、高い信頼感を寄せています。加えて、日本は世界で最もベトナムに経済援助を行っている国で、ベトナム経済発展に大きく貢献してきたという背景もあり、日本という国に対して好感を持っている方が多く、実際に日本で働きたいという熱意を持った若者も少なくありません。

また、ベトナムは教育熱心な国でもあり、識字率が90%を超えるとともに、受験勉強も日本や韓国に劣らないほど行います。加えて、GDPに対する教育投資率が非常に高く、特にホーチミンやハノイなどの都市では多くの費用を教育に費やしていると言われています。そのため、ベトナムは他のアジア圏の国と比べて教育水準が非常に高く、優秀な人材が豊富です。

さらに、近年は国を挙げてITエンジニアの育成に熱心に取り組んでおり、IT関連の学科が設置された大学や短大も多く、毎年数多くの卒業生が輩出されています。ベトナム政府がITエンジニアの育成に力を入れていることに加え、積極的に新たな技術や知識を吸収しようとする真面目で勤勉な方が多いため、ベトナム人のITエンジニアは高い技術力があることで知られています。

 

日本語・英語が堪能な人材が多いのもベトナム人採用のメリット

 

ベトナム人労働者を採用するメリットとして最後にご紹介するのが、日本語や英語を堪能に話せる方が多いことです。ベトナムの公用語はベトナム語ですが、近年は外国語教育の体制が充実してきており、日本語や英語を学ぶ方が増えています。特に、積極的にベトナム人を雇用する日本企業が増えたことにより、日本語教育への熱が高まりを見せています。例えば、2016年には東南アジアで最も早く、日本の小学校にあたる初等教育で日本語学習が採用されました。また、アニメやマンガを通して日本に興味を持って、日本語を学習するという方も少なくありません。

国際交流基金の「海外の日本語教育の現状2018年度日本語教育機関調査」によると、ベトナムには17万人以上の方が日本語を学習しているとされています。これは、中国・インドネシア・韓国・オーストラリア・タイに続く世界第6位の多さで、今後も日本語が扱える方の数は増えていくと予想されます。

また、ホーチミンやハノイなどの都市では、初等教育前に子供を英語塾に通わせる家庭が多いとともに、初等教育の3年目からは英語が義務教育科目となっています。加えて、より良い企業への就職を支援するために、英語教育に力を入れている大学も数多くあるので、ベトナム人には英語が堪能な人材が豊富です。日本語とともに英語も堪能な方が多いベトナム人は、特にグローバルに事業を展開する企業にとって非常に魅力的な人材と言えるでしょう。

 

ベトナム人は、日本人に合った気質の方が多いことに加え、親日家で教育水準が高いことから積極的にベトナム人を採用する企業が増えています。また、日本語や英語が堪能な人材が多いのもベトナム人労働者を採用するメリットとなります。

 

記事を読まれた方へおすすめの関連記事

人材派遣と人材紹介の違いとは?の記事はいかがでしょうか。

こちらの記事を読まれた方には、こちらもおすすめです。

ベトナム人とのコミュニケーションの方法

日本人とは少し異なった、ベトナム人ならではのコミュニケーション方法について詳しく解説しています。

ぜひこちらも合わせてご覧くださいませ。