お役立ち情報
column

Column
お役立ち情報

事業内容についてのお問い合わせや、お仕事のご依頼、その他弊社ホームページでご不明な点などがございましたら、下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

  • 2021.06.15

    COLUMN

ベトナム人の国民性について
ベトナム人の国民性について

ベトナムに進出する日系企業は特に多いとされ、これはベトナム人と日本人のパーソナリティが似ている部分があることが関係しているといわれてます。

日本にとってベトナム人は、家族思いで真面目で勤勉、そして親日というイメージを持つ方が多く、実際にベトナム人の性格や特徴、国民性を分かりやすくご紹介します。

ベトナム人の特徴を表す“6K”とは

ベトナム人の国民性やパーソナリティを説明する際によく出てくる言葉に「6K」があります。
これは、下記のローマ字の頭文字をとったものです。

  • 器用
  • 向上心旺盛
  • 近親眼
  • カカア天下
  • コネ社会
  • 交渉上手

それでは、6Kがどのような内容なのか、順番に解説します。

器用

個人差はありますが、多くの人は手先が器用な人が多い傾向です。
伝統工芸とされる「縫製」や「刺繍」はベトナム女性の専門職となっており、今後のベトナム経済を引っ張っていく重要な産業となっています。

他にも、手先の器用さを活用して世界中のサロンで活躍する人が増えていることも特徴の一つです。

向学心旺盛

ベトナム人は、向学心旺盛で真面目で勤勉です。

ベトナムの多くの若い世代は、自分の親世代が戦争で非常に苦労した分自分がしっかり働いて高い給料をもらい、家族を養おうと考える人が多い傾向にあります。

給料の高い外資系企業で務めるために、英語や日本語・韓国語・フランス語など、言語スキルを身につける人が多いです。

近親眼

近親眼的な部分は、計画性が足りないという特徴があります。

長い歴史の中で、外国から植民地にされていたり戦争をしてきたことから将来が見えない日々を長く過ごしてきました。
このことから、中長期的に物事を考えるよりも、「今どうするか」という短期的な視点で考える傾向にあります。

かかあ天下

ベトナム人女性は非常に勤勉で一家の大黒柱担っていることも多く、管理職は女性の方が多いことから女性がしっかりしています。

コネ社会

家族や血縁のコネを大切にして、そこに頼るという歴史・文化的な特徴を持ちます。

交渉上手

ベトナム人は、相手を自分のペースで丸め込むことが上手であり、外国人が対抗するのは至難の業といわれるほどです。

地域ごとのベトナム人の国民性の違い

ベトナム人の国民性 ベトナム人の国民性

日本でも、住んでいる地域によって人の気質が異なるように、ベトナムでも地域差が存在するといわれています。

ベトナムは日本同様に縦に細長い地形です。
地域によっては、気候が大きく異なる特徴を持っていることや、戦争をしていた時代には南北の2つの国であった歴史があります。
更に細かくなると、北部・中部・南部の3つのパーソナリティが存在します。

北部に住むベトナム人の国民性

北部に住むベトナム人の国民性は、中国に最も近く政治的にも社会的にも中国からの影響が色濃い地域です。

四季があり、秋から冬の季節になると肌寒くなる特徴を持ちます。
資源が乏しい地域なので、冬を乗り越えるために「食料を確保する」「無駄遣いはしない」など、先のことを考えて慎重に動く考えを持つ人が多いです。

南部の人からは、冷たく無愛想といわれがちです。
ただ、実際は勤勉で真面目な人が多く、北部の人の方が日本人のパーソナリティに近い特徴を持ちます。

中部に住むベトナム人の国民性

中部のベトナム人の国民性は、ダナンを中心とした開発が活発であり人気が高まっている地域です。

しかし、ほとんどの地域は田舎で貧しい暮らしをしています。
貧しさから人々は非常に現実的であり、成功して一旗揚げたいという考えを持つ方が多く、勤勉でチャレンジャー精神溢れる人が多い傾向にあります。

南部に住むベトナム人の国民性

南部のベトナム人の国民性は、熱帯気候の影響からオープンで楽観的、そしてフレンドリーな傾向にあります。
おおらかな商人気質を持つ反面、短気で適当な人も多いといわれています。

日本企業と相性が良いベトナム人

日本企業が求める人材として「相性が良い」と注目されているベトナム人。
これは、ベトナム人の国民性である勤勉性が関係しています。

男女ともに体力を要する仕事であっても積極的に取り組みます。
日本人が敬遠しがちな重労働の仕事であっても嫌がりません。

また、1人でパソコンに向かって黙々と仕事を行うビジネススタイルよりも、多くの人達と和気あいあいとしながら力仕事をしたいと考える傾向にあります。
そのため、日本企業でも積極的にベトナム人を雇用することが増えるようになりました。

さらに、日本を無条件に信頼している親日の人が多いです。

なぜなら、日本製の車やバイク・家電・食品に強い憧れと信頼を抱いているからでしょう。
将来日本や日系企業で働きたいと希望する人も増えており、お互いに信頼関係を築きながらビジネスパートナーになりやすいです。

ベトナムの若者は近年海外志向の人が増えており、ベトナム政府が語学教育に力を入れ始めているので、今後は更にグローバルに活躍する人が増えると期待されています。

まとめ

ベトナム人は素朴で温厚な人情あふれる人が多く、文化や国民性が比較的近い日本人にとって非常に親しみやすい人達だといえます。

親日であり、最近は語学スキルを身につける若者が増えてきたことから、日本企業が求める人材としても非常に注目されています。

 

外国人採用をご検討の方はぜひホンダバックにご相談ください。

若くて優秀な人材をご紹介させていただきます。

 

記事を読まれた方へおすすめの関連記事

ベトナム人の国民性についての記事はいかがでしたでしょうか。

この記事を読まれた方には、こちらもおすすめです。

外国人を採用する際に気を付けておきたい点とは

いざ外国人労働者を雇用するにあたって、どのような認識を持っておくべきなのか詳しく解説しています。

ぜひこちらも合わせてご覧くださいませ。