お役立ち情報
column

Column
お役立ち情報

事業内容についてのお問い合わせや、お仕事のご依頼、その他弊社ホームページでご不明な点などがございましたら、下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

  • 2021.06.22

    COLUMN

人手不足を解消できる外国人の直接雇用と実習生との違いについて
人手不足を解消できる外国人の直接雇用と実習生との違いについて

日本では現在、人手不足が大きな社会問題となっており、特に将来にわたる少子高齢家の影響から外国人の労働力と言うものに焦点を注がざるをえません。

こうした中、外国人の直接雇用に対しても目を向ける時期にまさに来ています。

 

海外からの実習生は基本3年間に限定されるが2年間の延長も可能

海外から来られた実習生は様々な家庭環境が存在するため、基本的に日本政府の関係省庁や法律等で認められている期間である3年間以上できれば働きたいと考えられる方もいるはずです。

そんな方にとってはこれからの内容は朗報です。
冒頭に述べたように、日本の法律等の上では3年間が限度でありましたが、いろいろな申請や手続きを踏めば最大2年間程度の延長が可能です。

すなわち、きちんと行政機関や役場などに必要な申請をして了解を得ていれば、合計約5年間も連続で働くことができます。

3年間のみでは、就労の目的が達成できないと嘆いていらっしゃった実習生にとっても、5年間連続で働けるとなれば、やりたいことや稼ぎたい金額の幅が大きくなることが確実です。
結果、より実りのある日本での技能実習とすることができます。

これらの最大の意義は、海外から働きにやってくる実習生の利益のみならず、その実習生を雇う側の利益にもつながります。
日本での労働を考えていらっしゃる外国人の方につきましては、日本の企業を助けるためにも積極的に実習をしてみてはいかがでしょうか。

たとえ1年の短期間でもいいので、迷う前に行動に移してみるのも一理あることは決して過言ではありません。

そして1年間をクリアできたら、次は3年間そして所定の手続きをしてまた2年の労働をして合計5年働くといったライフプランも存在しますので、ぜひ積極的に前向きに検討しましょう。

 

学歴や言語と技能等の問題をクリアできれば直接雇用も可能

学歴や言語と技能等の問題をクリアできれば直接雇用も可能 学歴や言語と技能等の問題をクリアできれば直接雇用も可能

 

日本で労働を考えていらっしゃる外国人の方々につきましては、やはり収入と言う物に関心が行くことでしょう。

最近は、中間媒介をする企業もいわゆる搾取の額と言うものはだいぶ狭まって参りましたが、それ相応の中間搾取が行われている事は言うまでもありません。

当然のことながら、中間搾取が行われた場合、皆さんが働いたであろう本来支払われるべき経費からその分は取り除かれ、労働に見合わないほどの額になってしまう心配があります。

中間搾取の金額につきましては、日本の法律の整備もある程度追いついたこともあり、不当に高いと言うわけではありません。

ですが、長期間働いた場合、その額は皆様が想像するよりはるかに大きな核となるのは確実ですし、その額を5年後に聞かされても現状ではそうすることもできずただ落胆するだけです。

そのため、皆様の幸せのためにも直接雇用形態を目指してはいかがかと提案します。
ただし、これらには多少クリアしなければならない問題があり、それは学歴や言語および機能等といった課題です。

これらの課題の克服については、それ相応なりの苦労や心労等が伴うかもしれませんが、直接雇用を勝ちとった場合のメリットを想像してみれば、この課題解決に取り組む価値は計り知れません。

皆様の本当に大切な人生設計プランに応じて、直接雇用を目指してみるのはいかがでしょうか。

 

直接雇用で雇い入れた際には日本人同様の条件で働ける!

上記で述べました直接雇用については、実を言うとさらに大きなメリットが存在します。
それは、直接雇用を勝ち取った場合は、日本人同様の条件で働くことが可能になります。

一部例外はあるかもしれませんが、きちんと法令遵守の企業であるならば、おそらく日本人同様のタイム方式、応急体制、福利厚生を受け入れられることが間違いないでしょう。

考えてみれば当然なのですが、一昔前までは、外国人の方につきましては同じ仕事量をこなしていたとしても、日本人の労働者よりも時給換算すればはるかに少ない額で働かざるを得なかった時代もありました。

ただ、こういった差別的な問題というものが徐々に解決しつつあります。

したがって、これを機に日本人と同様の俸給等の獲得が実現できる直接雇用を勝ち取るべく、奮闘してみるのは決して無駄ではありません。
こうした皆さんの努力が、後からまた日本にやってくる外国の方の労働環境の向上にもつながると心に秘めて、ここはひとつ思い切った行動をとってみるのも悪くありません。

直接労働は、これから日本での労働を考えているあなただけではなく、あなたの国の後輩たちにとっても非常に有益であることを心に刻んでみるのも良いでしょう。

考えるよりもまずは実践してみることが大事です。挑戦してみる気持ちを大切に持ち、幸せを勝ち取る時期に来ています。

 

まとめ

外国人を直接雇用すると言うものは、今までにおいての普遍的な雇用形態であった実習生のような制度等はかなり違う性質です。

この性質の際をきちんと理解することが、これからの日本社会の発展には必要なのは明らかです。

外国人採用をご検討の方はぜひホンダバックにご相談ください。

若くて優秀な人材をご紹介させていただきます。

 

記事を読まれた方へおすすめの関連記事

人手不足を解消できる外国人の直接雇用と実習生との違いについての記事はいかがでしょうか。

この記事を読まれた方には、こちらもおすすめです。

ベトナムの平均年収とは

ベトナムの給与相場や地域別の最低賃金などについて詳しく解説しています。

ぜひこちらも合わせてご覧くださいませ。