お役立ち情報
column
Column
お役立ち情報

事業内容についてのお問い合わせや、お仕事のご依頼、その他弊社ホームページでご不明な点などがございましたら、下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

  • 2022.03.02

    COLUMN

電気設計技術者とは?仕事内容や年収、資格、設計する装置例など解説

電気設計技術者とは?仕事内容や年収、資格、設計する装置例など解説

日常生活や現代産業のあらゆるシーンで使われている電気。ITのデバイスはもとより、家庭内でも電気を抜きにして機能する道具は多くないとさえ言えるでしょう。本コラムではそんな電気に関わる設計のプロフェッショナルである、電気設計技術者について解説します。

 

電気設計技術者とは

電気設計技術者とはその名の通り、電気に関わるパーツや配置を設計する技術者のことです。小さいものでは電化製品やデジタルデバイスの電気部品、大きいものでは工場の生産ラインや建物全体の電気配置等々、電気に関わる多岐にわたる範囲をカバーします。

 

電気設計技術者の仕事内容

電気設計技術者の仕事内容

電気設計技術者の具体的な仕事内容は、電気部品の図面を作成することだけではありません。新しい製品のために最適な電気部品の開発に携わったり、回路や基盤あるいは配電盤の設計を行ったりとさまざまです。またそれらが適切に機能するかどうかの検証や、不具合が生じた際には原因究明の調査と対策も行う場合があります。このようなことから、電気設計技術者は電気に関わるマルチプレイヤーとして活躍しているといえるでしょう。

 

電気設計技術者の年収は?

厚生労働省の職業情報サイトに掲載されている電気技術者の項目から、電気設計技術者が属する業界の平均年収を見てみましょう。職業分類は電気・電子・電気通信開発技術者(通信ネットワークを除く)で、データは2020年の賃金構造基本統計調査によるものです。

これによると全国では619万円、北海道は505.9万円、東京都は666.1万円、愛知県は653.2万円、大阪府は619.1万円、福岡県は681.1万円となっています。また同年のハローワーク求人統計データによる賃金月額は全国で28.3万円、北海道で19.5~31.6万円、東京都で23.9~37.7万円、愛知県で22.3~37.2万円、大阪府で21.9~36.4万円、福岡県で21.2~33.9万円となっています。いずれも電気設計技術者のみを抽出した数値ではありませんが、都市圏を離れた地方でも高水準の年収であることが一般的です。企業の事業規模や技術者自身のスキルにも左右されますが、年収としては平均よりかなり高い職種です。

一方では電気設計のみに絞った場合、全国平均年収では正社員で470万円程度とするデータもあります。上記の業界平均からすると数値は下がりますが、それでも平均年収と比べるとやや高い部類であるといえるでしょう。

※出典:厚生労働省.「職業情報提供サイト(日本版O-NET)電気技術者」
. https://shigoto.mhlw.go.jp/User/Occupation/Detail/272 (2022-2-20).

※出典:求人ボックス給料ナビ.「電気設計の仕事の年収・時給・給料」
.https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E8%A8%AD%E8%A8%88%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6 (2022-2-20).

持っていると有利な資格

電気設計技術者が保有すると有利な資格の筆頭格として、電気工事士があります。電気設計を行う上で必須の資格というわけではありませんが、この知識は業務に直接役立つためキャリアの早い段階で取得する技術者が多いでしょう。これは電気工作物に関する工事と管理を可能とする国家資格で、第1種と第2種に分かれています。

第1種では一般住宅及び店舗で受電する、600ボルトまでの設備工事を行うことが可能に、第2種では上記の範囲にプラスして最大500キロワットまでの電力量のビルや工場などの工事に従事することが可能となります。また電気工事施行管理技士は電気工事の監督や施行管理を行える国家資格で、統括できる現場規模の大きさによって2級と1級に分けられます

建築工事の現場では必ずこの資格を持った専任技術者を配置しなくてはならないため、建築業界における電気設計のプロとしての需要があるでしょう。いずれも電気設計技術者が現場で活躍するケースにおいて、大きな強みになる資格であるといえます。

 

設計する装置例

設計する装置例

電気設計技術者が設計する装置として、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。
以下にその例を3つ挙げました。

 

自動車部品

エンジンなど駆動系の機械部品が中心になっているイメージがある自動車ですが、その全体に多くの電気部品が使用されています。非接触の開錠やイグニッション、各種ライトからドライビングサポートの機能まで、電気設計の力がふんだんに使われています。

 

ビル内設備

巨大なビルはその内部構造に多くの電気系統を含んでいます。配線や照明、通気・排気や防火・防犯のシステム等々、電気設計の技術が張り巡らされているといえるでしょう。

 

生産ライン(工場など)

工場などの生産ラインを構築するためにも電気設計は不可欠です。
あらゆる分野で機械化や自動化が進み、分野によってはロボットの配置も当たり前となりました。そうした部分でも電気設計技術者が活躍しています。

 

まとめ

電気は現代生活と産業の基幹となるエネルギーであり、その需要はますます高まっています。
ありとあらゆる道具や設備が電気なしには動かないため、それらが確実かつ正確に機能するためには正しい電気設計が大前提となります。
電気設計技術者は一般家庭から社会インフラまで幅広いフィールドを支える、縁の下の力持ちともいえるでしょう。
日常生活で安心して電気製品や設備を利用できるのもそうした下地のおかげであり、電気設計技術者は人知れず大きく社会に貢献しているといえます。

ベトナム人材の紹介・派遣のホンダバック株式会社ではそうした優秀な技術者を、ベトナムから各企業へと直接ご紹介。若く意欲的で定着率の高い人材が多く、技術のバトンタッチが確実に行われています。ベトナム人材紹介・派遣のホンダバック株式会社
https://www.hondabac.co.jp/

 

ベトナム人材採用エージェント

ベトナム人材の紹介・派遣をおこなうホンダバック株式会社では、ベトナム人材採用から紹介、その後のご相談までフルサポート!

完全無料でご相談承っておりますので、ベトナム人材採用エージェントまでお気軽にお問い合わせください。

おすすめ関連記事

電気設計技術者の記事はいかがでしょうか。

関連記事として、「金型設計者とは?仕事内容や資格、年収、実務の注意点などまとめ」をおすすめします。

金型設計者とは

ベトナム人材紹介の資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

この記事をSNSでシェア!